水素の力、ご存知ですか?

私たちは普段、無意識に呼吸をして酸素を体内に取り込んでいます。そして酸素は細胞内のミトコンドリアによってエネルギーに変えられ、私たちの生命活動を支えています。一方で、活動エネルギーを生成する過程では過剰な活性酸素が発生し、強力な酸化作用によって遺伝子を傷つけ老化や病気を引き起こしてしまいます。近年、この活性酸素を除去する働きのある水素が脚光を浴びています。


水素分子は地球上のあらゆる物質の中で最小であり、その浸透力で体中をめぐり臓器・器官・組織の奥深くまで到達します。そして、もっとも酸化力の強い悪玉活性酸素のヒドロキシラジカルを見つけると、直接反応し水へと変化します。水素の最も優れた点は、身体を助ける善玉活性酸素はそのままに、悪玉活性酸素だけを集中して消去する働きにあります。また、余分な水素は口から出ていくので副作用もありません。

 
水素の力

水素分子は地球上のあらゆる物質の中で最小であり、その浸透力で体中をめぐり臓器・器官・組織の奥深くまで到達します。そして、もっとも酸化力の強い悪玉活性酸素のヒドロキシラジカルを見つけると、直接反応し水へと変化します。水素の最も優れた点は、身体を助ける善玉活性酸素はそのままに、悪玉活性酸素だけを集中して消去する働きにあります。また、余分な水素は口から出ていくので副作用もありません。

水素の医療利用が本格化しています

2016年、水素ガス吸引療法が厚生労働省によって先進医療Bとして世界で初めて認可されました。これは心停止した患者に対し、2%の水素を18時間にわたって吸ってもらうことで、脳のダメージを軽減し回復を早めることが期待されています。


また、中国では新型コロナウィルス感染症の患者への標準治療として水素吸引が行われています。Journal of Thoracic Diseaseに発表された論文によると、胸痛、咳、血液中の酸素飽和度において顕著な改善が見られ、重症化を抑制することが確認されています。その他にも、がん、関節リウマチ、動脈硬化、脳卒中、認知症、パーキンソン病など、悪玉活性酸素による酸化ストレスが要因のひとつとされる疾患の多くに水素の効果が明らかとなっています。

 
水素の医療利用

また、中国では新型コロナウィルス感染症の患者への標準治療として水素吸引が行われています。Journal of Thoracic Diseaseに発表された論文によると、胸痛、咳、血液中の酸素飽和度において顕著な改善が見られ、重症化を抑制することが確認されています。その他にも、がん、関節リウマチ、動脈硬化、脳卒中、認知症、パーキンソン病など、悪玉活性酸素による酸化ストレスが要因のひとつとされる疾患の多くに水素の効果が明らかとなっています。

600報を超える学術論文が発表されています

  • 水素ガス吸引のパーキンソン病に対する無作為化二重盲検並行群間試験 順天堂大・頼高,2019
  • アルツハイマー型認知症の水素ガス吸引と減量リチウム内服併用による治療の無作為比較対照臨床試験 静岡・西島病院・小野,2017
  • 糖尿病患者の脂質糖代謝に対する水素水の効果検証 東京・健康長寿医療センター研究所・青木,2015
  • 水素分子を高濃度に含有した水の飲用は関節リウマチ患者の酸化ストレスと病態活動性を軽減する 石橋,2012

身体のパーツを選択してください